お知らせ

信州トレッキングへ出かけよう!
vol.2東信エリア

東京方面からもアクセス抜群な「東信エリア」!

湯の丸高原のレンゲツツジ群生
写真提供:信州とうみ観光協会

◆菅平高原(当館より車1時間20分)

緑の山肌を鮮やかなオレンジ色が下から上へと染めていくレンゲツツジのシーズンは6月初旬ころから。夏の到来を告げるワンシーンをお見逃しなく。

【詳細】菅平高原観光協会(電話)0268-74-2003

◆高峰高原(当館より車1時間20分)

浅間連峰の西側に位置する標高2000mの高原大地「高峰高原」。車坂峠からは小諸の町並みや八ヶ岳・蓼科山の展望が望めます。たぐいまれな高山植物・山野草の宝庫です。上信越高原国立公園の豊かな大自然の中にあります。5月から9月のグリーンシーズンには、ハクサンイチゲ、レンゲツツジ、コマクサ、ハクサンシャクネゲ、ニッコウキスゲをはじめ、1000種を超える高原植物を楽しむことができます。

【詳細】高峰高原ビジターセンター(電話)0267-23-3124

高山植物の女王「コマクサ」

◆池の平湿原(当館より車1時間30分)

池の平から見る雲海
写真提供:信州とうみ観光協会

「地蔵峠」を基点として、池の平湿原・湯の丸高原へのルートに分かれています。高山植物の宝庫と言われる池の平では、湿原の中から突然現れる高山植物の群生に心奪われることでしょう!

【詳細】ビジターセンター(電話)0268-62-4333

池の平湿原
写真提供:信州とうみ観光協会
高山植物「エゾリンドウ」
写真提供:信州とうみ観光協会

◆湯の丸高原(当館より車1時間40分)

湯の丸高原は浅間連峰の西側に位置し、亜高山帯の爽やかな風の中でさまざまな高山植物に出会える「花高原」として知られています。6月下旬に見頃を迎えるレンゲツツジの大群落は、ひとめ70万株とも言われ、国の天然記念物にも指定されています。鮮やかな朱色と緑のコントラストは胸躍る光景です。

【詳細】ビジターセンター(電話)0268-62-4333

写真提供:信州とうみ観光協会
夏山リフト
写真提供:信州とうみ観光協会

◆最後にもう一度チェック!◆

花の開花状況、そして気温(特に、どのような服装がベストかは要チェックです!)、トレッキングルートや必需品を各観光協会やビジターセンターに確認の上、おでかけください!